R179 学生生徒修養会高校の部 6日目

学修もいよいよ大詰め。レクチャーでは、これまでの自分や学修一週間を振り返り、これからの自身について、それぞれに抱負を語りました。
また、各回生2、3年生は学年ごとに「感話大会」を行い、発表者の言葉に元気と勇気をもらい、更に、3回生は「十二下りてをどり」を心を一つに勤めさせていただきました。
そして、夕方からは「みんなのつどい」。
全受講生が一同に会して、一週間を一緒に過ごした仲間たちのパフォーマンスを大いに楽しみました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R179 学生生徒修養会高校の部 5日目

学修も今日でもう5日目。時間はあっという間に過ぎていきます。
午前中、1回生1年生は「走って笑って一手一つ」という班対抗ゲームを行い、班内での絆を深めました。
また、午後は各回生の3年生が奈良の市内各所で一斉に神名を流しました。
初めて神名流しをする受講生も沢山いましたが、仲間と共に勇んで教祖のお伴をさせていただきました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

 

R179 学生生徒修養会高校の部 4日目

今日で学修も折り返し地点。
各回生「ワークショップ」や「室内五輪」、「先人の道」などの行事を行いました。
1回生2,3年生の「室内五輪」では、班対抗でゲームを行いました。
また、1回生1年生のワークショップでは、先人のお話を手作りの人形劇の形にして学びました。
2回生の「先人の道」では晴天の空の下、十三峠を越えおぢばまで陽気に歩きました。どちらの行事も先人に思いを馳せる時間。
きっと何かを学んでくれたのではないでしょうか。

明日は3年生統一行事の「神名流し」を奈良市内で行います!

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R179 学生生徒修養会高校の部 3日目

学修3日目になると、ひのきしんやレクチャーに加えて、別席、基礎講座、回生別行事が始まります。
3回生では交流行事「ハー トフルインタラクション」が行われました。
ゲームラリーなどのレクリエーションで緊張した心をほぐし、班内の絆を確認し合いました。
明日は2回生行事 「先人の道」。
学生は先人が歩かれた十三 峠を、みんなで力を合わせて歩いて、おぢばを目指します。
明日もお楽しみください。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

 

R179 学生生徒修養会高校の部 2日目

本日からプログラムが本格的にスタートしました。
各回生、まずはお互いを知り合うプログラムから始まり、レクチャーやおつとめ勉強をしました。
その他、1回生はひのきしん、2回生は鳴り物練習、3回生は廻廊ひのきしんを行い、日頃よりもお道に触れる日々が始まりました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

 

R179 学生生徒修養会高校の部 スタート‼

大勢の高校生が、全国各地から、そして海外からもおぢばに帰り集い、今年も学生生徒修養会 高校の部が始まりました。

開講式では、学生担当常詰西浦忠一先生より挨拶をいただきました。

信仰を深め仲間との繋がりを強める1週間。受講生達は、こんなわずかな期間であっても、本当の絆を見つけてくれることでしょう。

今日から1週間、親里における高校生の様子をお届けします。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

まもなく学修高校の部 はじまります‼

受講にあたっての詳細及び必要事項の確認ができますのでご利用下さい。

男子受講案内

女子受講案内

毎年夏に開催される「学修」には、全国からたくさんの高校生がおぢばに集まり、天理教の教えを学び、実践します。不安と緊張の中、出会う班員との1週間は、かけがえのない友情を育み、最高の感動を味わうことができます。

期間:8月9日~15日

レクチャー
■講師が「親神様、教祖、ぢば」や「我が家の信仰」など、さまざまなテーマについて講義し、その話をもとに生徒同士が意見を交換しながら、お道の教えへの理解を深めていきます。

回生別行事
■回生別に多彩なプログラムが用意され、3回生になると、3年間の仕上げとして全員で「十二下りてをどり」を勤めます。どのプログラムも生まれて初めて経験する受講生が多く、ここでしか味わえない貴重な体験が目白押しです。

ひのきしん
■親神様から身体をお借りしていることへの感謝の気持ちを行動に表す「ひのきしん」。班員同士で協力し合いながら汗を流します。

おてふり・鳴物練習
■動作の細かいところから鳴物の取り扱いまで、講師やカウンセラーが丁寧に教えてくれます。

▽対象:高等学校に在学し全期間を通して受講できる者
▽申込方法:所定の願書に記入の上、直属学生担当委員会を通して申し込んでください
▽願書受付期間:5月25日~7月25日(郵送の場合も7月25日必着)
※事務処理の関係上、願書はなるべく7月18日までにご提出下さい。

※くわしくは各直属学生担当委員会まで

※締め切り期間は終了いたしましたが、まだ申し込みを受け付けています。
詳しくは、学生担当委員会事務局までご連絡ください。
直通:0743-63-2489

 

 

学修高校の部 送迎実施一覧

「立教179年 学生生徒修養会 高校の部」において、系統を問わず受講生の送迎を行う予定の教区・直属を報告いたします。各教区・直属の送迎担当者の連絡先を掲載いたしますので、詳細につきましては送迎担当者と直接打ち合わせていただきますようお願いいたします。

「学生生徒修養会 高校の部」の動員の上にご活用くださいますよう、お願いいたします。

各教区・直属の送迎担当者連絡先一覧

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 最終日

今日で最終日。
親里での1週間の生活は受講生にとって、かけがえのない一生の宝物となったに違いありません。
共に笑い、共に悩み、共に涙した仲間たちとの思い出を胸に、新たなる一歩を踏み出してくれることでしょう。
また来年、学修での再会を約束し、彼らは親里を後にしました。