立教177年 春の学生おぢばがえり

3月28日、『春の学生おぢばがえり』が開催され、全国の道につながる学生がおぢばに帰り集いました。

式典では、真柱様より学生に向けてお言葉をいただき、今後の歩み方をお示しくださいました。終わりには、学生全員で「灯~akari~」等を大合唱し、仲間と共におぢばに帰り集えた喜びを分かち合いました。

真柱様のお言葉をしっかり心におさめ、みんなで心を一つに歩み出しましょう。

式典後、直属教会ごとに直属アワーが行われ、直属教会長様からお話を聞かせていただきました。
その後、それぞれにプログラムを企画し、直属に繋がる学生同士仲を深めました。

夕づとめ後、東西泉水プール前広場を会場に、後夜祭『春まつり』を開催。趣向を凝らした模擬店。ステージではバンドやダンスなどの出演者が会場の学生と一体となり、大いに盛り上がりました。

フィナーレでは実行委員長が集まった学生に向けてさらなる成人を呼びかけ、今後の歩みを誓い合いました。

 

 

 

R177 学生生徒修養会大学の部 最終日

立教177年学生生徒修養会大学の部が本日無事終了しました。
閉講式では大学生活4年間毎年参加をしてくれた中野君と吉本さんが代表して、表統領先生より修了証をいただきました。
最後にみなでよろずよ八首をつとめ、今後の自らの成人とまたおぢばで会うことを誓い合って、解散をしました。

 

 

R177 学生生徒修養会大学の部 6日目

今日は塾ごとに分かれての行事をおこないました。
3回以上参加した学生たちは塾で月次祭まなび。2回目参加の学生たちは先人の道。
初参加の学生達は、神殿案内・記念建物見学などをおこないました。
その後は、各塾代表による感話大会があり、それぞれに素晴らしい話をしてくれました。
また、午後からは本部員冨松幹禎先生より講話を聞かせていただきました。
明日でいよいよ最終日。それぞれに学修をふりかえる一日を過ごしました。

R177 学生生徒修養会大学の部 5日目

今日は奈良・大阪・京都に分かれにをいがけをさせていただきました。
初参加の学生は神名流し、路傍講演を行い、複数回参加の学生はさらに戸別訪問もおこないました。
ご存命の教祖とともに、みな勇んでつとめることができました。

R177 学生生徒修養会大学の部 4日目

今日は約90名の学生が別席を運びました。
別席以外の学生は境内地にてひのきしんをさせていただきました。
ひのきしんをしながら、みな笑顔があふれていました。
また、午後からは明日のにをいがけに向けて、それぞれに準備を進めました。

R177 学生生徒修養会大学の部 3日目

今日は午前中に各自が選択した講義を受けました。
先生方はみな、一生懸命ご自身の信仰を学生達に伝えてくださいました。
午後からは昨日に引き続き修練を行いました。
みな真剣に練習する姿がとても印象的でした。

 

 

春学 チラシ配り

25日夕づとめ後、26日朝づとめ後、また月次祭終了後にチラシ配りをさせていただきました。

一人でも多くの人に春学を知ってもらい、一人でも多くの学生に声がかかって欲しいです!