R178 学生生徒修養会 高校の部 最終日

今日で最終日。
親里での1週間の生活は受講生にとって、かけがえのない一生の宝物となったに違いありません。
共に笑い、共に悩み、共に涙した仲間たちとの思い出を胸に、新たなる一歩を踏み出してくれることでしょう。
また来年、学修での再会を約束し、彼らは親里を後にしました。

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 6日目

学修もいよいよ大詰め。
各回生で「感話大会」や「スピーチシェアリング」が行われ、3回生では加えて「十二下りてをどり」が勤められました。きっと明日から新たに始まる信仰生活の大きな力となることでしょう。
また、午後からの「みんなのつどい」で全受講生が一同に会し、一週間の喜びを分かち合って、大いに盛り上がる場となりました。

 

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 5日目

学修も今日でもう5日目。時間はあっという間に過ぎていきます。
午前中、1回生の1年生は「走って笑って一手一つ」という班対抗ゲームを行い、班内での絆をより深めました。
そして午後には、3年生全員が天理や奈良市内各所でドキドキしつつも勇んで神名流しを行い、お道の人としての心を養いました。
日中、雨に降られる場面もありましたが、学生の表情はとても晴れやかでありました。

 

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 4日目

今日で学修も折り返し地点。
各回生それぞれに、「室内五輪」や「先人の道」などの行事を行いました。
1回生2,3年生の「室内五輪」では、班対抗でゲームを行いました。
1回生1年生のグループワークでは、先人のお話を手作りの人形劇にして学びました。
2回生の「先人の道」では晴天の空の下、十三峠を越えおぢばまで陽気に歩きました。
どちらも先人に思いを馳せる時間。きっと何かを学んでくれたのではないでしょうか。

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 3日目

学修3日目になると、ひのきしんやレクチャーに加えて回生別行事が始まります。
3回生では交流行事「ハートフルインタラクション」が行われました。
学修で三度出会った仲間たちとの絆を更に深め、笑顔が溢れる時間となりました。

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 2日目

本日からプログラムが本格的にスタートしました。
各回生、午前中はレクチャーを行い、まずはお互いを知り合うことから始まりました。
午後には、1回生はひのきしん、2回生はおつとめや鳴り物練習、3回生はおてふりの練習を行い、心地よい時間を過ごしました。

 

 

R178 学生生徒修養会 高校の部 スタート!!

今年も全国各地から大勢の受講生がおぢばに帰り集い、学生生徒修養会 高校の部が始まりました。
開講式では、吉川万寿彦委員長より挨拶をいただきました。
今日から始まる信仰と仲間たちとの繋がりを深める一週間。素晴らしい一週間になりますように。

今日から1週間おぢばでの高校生の様子をご紹介します。