立教178年 春の学生おぢばがえり

3月28日、『春の学生おぢばがえり』が開催され、全国の道につながる学生がおぢばに帰り集いました。

式典では、真柱様より学生に向けてお言葉をいただき、今後の歩み方をお示しくださいました。終わりには、学生全員で「希望の花」を大合唱し、来年に迫った教祖130年祭学生おぢばがえり大会に向けて、より一層の活動を誓い合いました。

式典後、直属教会ごとに直属アワーが行われ、直属教会長様からお話を聞かせていただきました。
その後、それぞれにプログラムを企画し、直属に繋がる学生同士仲を深めました。

夕づとめ後、東西泉水プール前広場を会場に、後夜祭『春まつり』を開催。趣向を凝らした模擬店。ステージではバンドやダンスなどの出演者が会場の学生と一体となり、大いに盛り上がりました。

フィナーレでは実行委員長が集まった学生に向けてさらなる成人を呼びかけ、今後の歩みを誓い合いました。また、大会実行委員長から集まった約5000人の学生に、大会動員目標である1万への強い思いを伝え、来年このおぢばに1万人の仲間とともに帰り集うことを決意しました。