学生会の歴史

天理教学生会には50年以上の歴史があります。

今期は第52期であり、来年には53年目を迎えます。

そんな天理教学生会の歴史を、簡単な年表にして紹介します。

昭和38年 東京学生会が天理教学生会結成運動の決意を表明全国学生会結成準備委員会結成(委員長 中澤昭司氏)
昭和39年 準備委員会として委員総会を開催天理教学生会の誕生(初代委員長 冨松幹禎氏)
昭和40年 第一回総会・春の集い教祖八十年祭道の学生決起大会リーダーの集い、冬期委員総会の開催
昭和41年 第二回総会・春の集い第一回全国一斉ひのきしんデー
昭和42年 第三回総会・春の集い(推進隊初結成)夏期リーダーズキャンプ冬期臨時委員総会
昭和50年 第一回リーダース研修会
昭和51年 教祖九十年祭道の学生決起大会
昭和57年 第一回学生ひのきしん隊結成
昭和59年 三年千日学生決起大会
昭和61年 教祖百年祭道の学生決起大会
平成2年 大学生集会
平成8年 教祖百十年祭学生おぢばがえり大会
平成9年 立教百六十年春の学生おぢばがえり(「春の集い」の名称を変更、道につながるすべての学生を対象とする行事に変えた)
平成16年 天理教学生会創立四十周年記念式典
平成17年 直属学生会の集い(のちの直属学生リーダー講習会)教祖百二十年祭学生おぢばがえり大会
平成25年 夏期委員総会(会則の改定、組織改革)

 

(参考:若き華 天理教学生会創立五十周年記念号)