立教179年 学生生徒修養会 高校卒業生コース 最終日

本日をもちまして、学生生徒修養会 高校卒業生コースの全プログラムが終了しました。
最終日は塾長講話とこれからの進むべき道を考え語り合う時間を持ちました。
親神様のご守護、教祖の親心、そして父母の通ってくれた道があっての今であることを伝えさせていただきました。
3日間という短い期間でしたが、受講生はしっかりと心を養う場にしてくれたことと思います。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

立教179年 学生生徒修養会 高校卒業生コース 2日目

高校卒業生コース2日目は、講話から始まります。
本部婦人 中山たまよ先生より、「教祖を慕う」をテーマに講話をいただきました。
学生たちは、先生のお話から御存命の教祖を改めて心に振り返る機会となったようで、その後の振り返りでは、それぞれが感じていることをしっかりと述べ合っていました。
夜のグループタイムでは、ランタンの明かりのみにした室内で、それぞれが卒業後の進路や将来のこと、また信仰について感じていることなど、様々な話し合いがなされました。
学生たちは、同世代の仲間と多くのことを共有しあえるとても貴重な時間を過ごしました。
きっと、明日はもっと密度の濃い一日を過ごしていると思います。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

立教179年 学生生徒修養会 高校卒業生コース スタート!

本日より学生生徒修養会 高校卒業生コースが始まりました。
進学や就職といった大きな分岐点に立った今、これからの毎日の中で困ったとき、道に迷ったときでも、私たちには頼るところがあることを伝えておきたい。
私たちは親の大きな懐で過ごしていることに気づいてほしい。
そんなねらいで開催されるプログラム。
1日目は、仲間づくりと、人と人との繋がりをテーマに進められました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら