立教179年 学生生徒修養会 大学の部 5日目

今日は、奈良・大阪・京都に分かれて、にをいがけをさせていただきました。
参加者の学生は神名流し、路傍講演を行い、複数回参加の学生は更に戸別訪問にも挑みました。
楽しみにしていた学生はもちろん、昨日は前向きな気持ちになれなかった学生も今日はみんなが精一杯にをいがけに励み、中には涙を流しながら話をする姿もありました。
1週間の内のわずか数時間のにをいがけでしたが、彼らにとってはとても大事な数時間であったようです。
また、2回目以上の3・4回生が集まる塾では、午後から「月次祭まなび」をつとめました。
真剣につとめる姿は、まさに次代を担うようぼくの姿そのもの。
一度は皆様にご覧いただきたいと切に思います。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら