活動方針

平成30年度 学生担当委員会 活動方針

【基本方針】
『誠の心で人材の育成につとめよう』
 

【発足40周年重点活動項目】
●全教区、全直属での学生層育成者講習会の開催
 陽気ぐらし世界を目指すには、教祖の道具衆となるようぼくを、一人でも多く育てなければなりません。まず自らが育成者であると強く意識する教会長、ようぼくを増やすために、全教区、全直属において学生層育成者講習会を開催し、教内全体で育成していく雰囲気を作りましょう。
 
●学生生徒修養会への動員
 学生層の育成は学生との繋がりを持つことに始まります。日頃から声掛けに努め、諸行事を通して継続的な丹精を進めましょう。殊に自らの信仰を掴み、見つめ直す場となる学生生徒修養会への受講を強く勧め、おぢばを味わい次代を担うようぼくへと成人してもらう契機としましょう。
 

 

【道の学生成人目標】
一、生かされていることに感謝しよう
一、お道の素晴らしさを伝えよう
一、進んで教会につながろう

「道の学生成人目標」とは、真柱様が道の学生に対して繰り返しお話し下された内容を学生がまとめたもので、「教祖110年祭学生おぢばがえり大会」のスローガンとして誕生し、活動の指針となっています。

活動方針のPDFはこちら