後継者講習会

第55期天理教学生会委員長選挙

11月18日、天理教敷島大教会信者詰所を会場に第55期天理教学生会委員長選挙が行われました。

今回の選挙では、1名の学生が立候補しました。
立候補者の所信表明や理想の学生会について、学生達は真剣な様子で聞きました。

投票の結果、天理大学2年生の丸川陽一朗(双名島/綾修)が第55期天理教学生会委員長に選出されました。

その後の挨拶で、丸川君は感謝の心を大切に任期を務めることを決意しました。

立教181年 春の学生おぢばがえり決起の集い

立教181年 春の学生おぢばがえり決起の集いを下記の要項で開催します。

・日程 12月22日(金)~12月24日(日)
・宿舎 本部第2母屋
・対象 各教区・直属学生会リーダー層
※学生会が結成されていない直属も是非ご参加ください。

詳しくはこちら

天理教学生会委員長選挙のお知らせ

10月6日、委員長候補の締め切りまでに天理大学2回生の丸川陽一郎、1名の立候補がありましたので、下記の通り委員長選挙を行います。

・日時 11月18日(土) 10:00~17:00
・場所 天理教敷島大教会信者詰所
※投票は運営委員会が行います。当日は傍聴席を設けます。

Happist 10月号

第31巻 Happist 10月号、好評発売中です。

今月の特集は「学生生徒修養会 高校の部 ”ありがとう”ーおぢばで過ごした夏ー」

8月9日〜15日にかけて親里で開催された、「学生生徒修養会 高校の部」。今月は全国各地の高校生がおぢばに帰り集い過ごした”特別な夏”を振り返ります。

立ち読みはこちら
※掲載内容の一部が立ち読みできます。(スマートフォン、タブレット対応)

Happist 9月号

第31巻 Happist 9月号、好評発売中です。

今月の特集は「karaagenist」

今月はみんなが大好きな唐揚げ特集です。全国の唐揚げ有名店や、飛躍的においしくなる調理法などを紹介します。

立ち読みはこちら
※掲載内容の一部が立ち読みできます。(スマートフォン、タブレット対応)

立教180年 学生生徒修養会 高校の部 最終日

今日で学修は最終日です。
朝づとめで一週間のお礼を申し上げた後に閉講式、続いて各寮にて退寮の挨拶をして、全日程が終了しました。
一週間を通る中に、親神様、教祖の親心、おぢばの理を全身いっぱいにいただいた受講生。
最終日のその顔は、夏の日差しに負けないほどに眩しく輝いていました。
この学修での経験をこれからの生活に活かすことを約束し、親里を後にしました。
修了生928名、今年も一週間を無事に通らせていただきました。
ありがとうございました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

立教180年 学生生徒修養会 高校の部 6日目

学修もいよいよ大詰め。
レクチャーでは、これまでの自分や学修一週間を振り返り、これからの自身について、それぞれに抱負を語りました。
また、2,3年生は学年ごとに「感話大会」を行いました。
時には涙を流しながらも力強く語る感話者の姿に、生徒達はとてもたくさんの勇気をもらいました。
そして、夕方からはお待ちかねの「みんなのつどい」です。
全受講生が一同に会して、一週間を共にに過ごした仲間たちのパフォーマンスを大いに楽しみました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

立教180年 学生生徒修養会 高校の部 5日目

学修も今日でもう5日目。
時間はあっという間に過ぎていきます。
午前中、1年生は「走って笑って一手一つ」という班対抗の室内運動会を行い、班内での絆をぐっと深めました。
午後には2年生全体行事「Seventeens in 陽気ホール」では楽しいゲームをしながら、お世話になっているカウンセラーの感話や、本部准員 吉川万寿彦先生による講話を通して、17歳の自分と信仰、また親孝行について深く考える時間となりました。
夕方頃、3年生は全員で「おつとめまなび」を行い、鳴り物を入れて十二下りを心一つにつとめさせていただき、夕食後にはVTRでふりかえりを行いました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

立教180年 学生生徒修養会 高校の部 4日目

今日で学修も折り返し地点。
1年生のプログラム「ワークショップ」では、紙芝居形式でお道のお話を演じることで、お道のお話や先人の体験を体感しました。
2年生の「史跡めぐり」では晴天の空の下、教祖誕生殿や、大和神社を歩いて巡り、当時の情景を思い浮かべながら、教祖を身近に感る時間になりました。
どちらの行事も先人に思いを馳せる時間。きっと何かを学んでくれたのではないでしょうか。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら