第55期天理教学生会委員長選挙

11月18日、天理教敷島大教会信者詰所を会場に第55期天理教学生会委員長選挙が行われました。

今回の選挙では、1名の学生が立候補しました。
立候補者の所信表明や理想の学生会について、学生達は真剣な様子で聞きました。

投票の結果、天理大学2年生の丸川陽一朗(双名島/綾修)が第55期天理教学生会委員長に選出されました。

その後の挨拶で、丸川君は感謝の心を大切に任期を務めることを決意しました。

学修高校の部 送迎実施一覧

「立教180年 学生生徒修養会 高校の部」において、系統を問わず受講生の送迎を行う予定の教区・直属をご報告いたします。
各教区・直属の送迎担当者の連絡先を掲載いたしますので、詳細につきましては送迎担当者と直接打ち合わせていただきますようお願いいたします。

「学生生徒修養会 高校の部」の動員の上にご活用くださいますよう、お願いいたします。

各教区・直属の送迎担当者連絡先一覧
※個人情報のため、連絡先は記載しておりません。連絡先等は学生担当委員会事務局まで、お問い合わせください。

 

立教180年 道の学生ひのきしんDAY

道につながる学生が時を同じくして、全国各地でひのきしんに汗を流します。ひのきしんをする場所や内容は違いますが、仲間たちと親神様によって生かされていることへの感謝と喜びを分かち合います。

《スローガン》広げよう! 感謝、喜び、思いやり

《期  日》立教180年(平成29年)10月1日(日)

《会  場》開催会場はこちらです。会場は随時更新いたします。

※くわしくは各教区担当委員会までお問い合わせください。

要項実施計画書はこちらからダウンロード可能です。

※動員活動を目的としたチラシを3種類作成しました。フリースペースや裏面に各教区の要項やお誘いのメッセージを掲載し、ご活用ください。また、表面と裏面の2枚1組を掲示することでポスターとしてもご活用いただけます。

※開催会場に変更がある場合は、学生担当委員会事務局(直通:0743-63-2489)までご連絡ください。

第54期天理教学生会委員総会

5月3日から5日にかけて、本部第2母屋及び東右第1棟4階講堂を会場に、第54期天理教学生会委員総会を開催いたしました。
教区28団体69名、直属30団体58名、スタッフ53名、総勢180名の学生が集まりました。
学生たちは、今期の活動方針の議決や講話、練りあいなどを通して、道の次代を担うようぼくの姿に近づけるよう、さらに成人の道を歩ませていただくことを決意しました。

立教180年 学生生徒修養会 高校卒業生コース 2日目

2日目のプログラムは講話から始まります。
本愛大教会長夫人 安藤くみ子先生より、「教祖を慕う」をテーマに講話をいただきました。
学生たちは、先生のお話から御存命の教祖を身近に感じる機会となりました。
その後の振り返りでは、それぞれが感じていることを述べ合いました。
昼食後、第3食堂にて受講生全員で全体行事をおこないました。
中でも大人数でおこなうレクダンはとても盛り上がり、笑顔が会場に溢れておりました。
夜のグループタイムでは、ランタンの灯のみの室内で、それぞれが自分の信仰と夢を語り、様々な話し合いがなされました。
きっと、明日はもっと密度の濃い一日を過ごしていると思います。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

教祖130年祭 学生おぢばがえり大会 人数報告

「教祖130年祭 学生おぢばがえり大会」の参加人数の集計が出ました。
参加人数は、9345名(4月19日時点)です。
1万人には届きませんでしたが、過去最高のご守護をいただきました。
大会当日までご協力くださいました担当者の先生方、学生スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

 

立教179年 学生生徒修養会 高校卒業生コース 最終日

本日をもちまして、学生生徒修養会 高校卒業生コースの全プログラムが終了しました。
最終日は塾長講話とこれからの進むべき道を考え語り合う時間を持ちました。
親神様のご守護、教祖の親心、そして父母の通ってくれた道があっての今であることを伝えさせていただきました。
3日間という短い期間でしたが、受講生はしっかりと心を養う場にしてくれたことと思います。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

立教179年 学生生徒修養会 高校卒業生コース スタート!

本日より学生生徒修養会 高校卒業生コースが始まりました。
進学や就職といった大きな分岐点に立った今、これからの毎日の中で困ったとき、道に迷ったときでも、私たちには頼るところがあることを伝えておきたい。
私たちは親の大きな懐で過ごしていることに気づいてほしい。
そんなねらいで開催されるプログラム。
1日目は、仲間づくりと、人と人との繋がりをテーマに進められました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら