学修 高校の部 まもなく始まります!!

注目

受講にあたっての詳細及び必要事項の確認ができますのでご利用下さい。

男子受講案内

女子受講案内

毎年夏に開催される「学修」には、全国からたくさんの高校生がおぢばに集まり、天理教の教えを学び、実践します。不安と緊張の中、出会う班員との1週間は、かけがえのない友情を育み、最高の感動を味わうことができます。

期間:8月9日~15日

レクチャー
■講師が「親神様、教祖、ぢば」や「我が家の信仰」など、さまざまなテーマについて講義し、その話をもとに生徒同士が意見を交換しながら、お道の教えへの理解を深めていきます。

学年別行事
■学年別に多彩なプログラムが用意されています。どのプログラムも生まれて初めて経験する受講生が多く、ここでしか味わえない貴重な体験が目白押しです。

ひのきしん
■親神様から身体をお借りしていることへの感謝の気持ちを行動に表す「ひのきしん」。班員同士で協力し合いながら汗を流します。

おてふり・鳴物練習
■動作の細かいところから鳴物の取り扱いまで、講師やカウンセラーが丁寧に教えてくれます。

▽対  象:高等学校に在学し全期間を通して受講できる者
▽申込方法:所定の願書に記入の上、直属学生担当委員会を通して申し込んでください
▽願書受付期間:5月25日~7月25日(郵送の場合も7月25日必着)
※事務処理の関係上、願書はなるべく7月18日までにご提出下さい。
※くわしくは各直属学生担当委員会まで
ご不明な点がございましたら、学生担当委員会事務局までご連絡ください。
直通:0743-63-2489

 

 

R181 学生生徒修養会 高校卒業生コース 最終日

この日をもちまして、高校卒業生コースの全プログラムが終了しました。
主任から「明日の君たちへ」と題した講話を聞いて、それぞれに、道の通り方を考える機会となりました。
この3日間、ここまでの人生を振り返り、陽気ぐらし世界へ向かうために、どう通るべきかを学ぶことができたのではないでしょうか。
それぞれの受講生が春から新たな一歩を踏み出す中で、新たな友と新たな気づきを得ることができた修養会となりました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 高校卒業生コース 2日目

2日目の講話では、一筋分教会長 西村和久先生より、「親神様のご守護」をテーマに講話をいただきました。
学生たちは、先生のお話から親神様のご守護を身近に感じる機会となりました。

昼食後、各所にて組別行事をおこないました。
大人数でおこなうレクダンはとても盛り上がり、笑顔が会場に溢れました。
その後の班タイムでは、班ごとにひのきしんやにをいがけ、ゲームなどやりたいことを決め、有意義な時間を過ごしました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 高校卒業生コース スタート!!!

今年で4回目の開催になる学修 高校卒業生コースが始まりました。

初日はウォーミングアップやグループタイムを通して、緊張した様子も少しずつほぐれた様子でした。

二泊三日という短い期間の中で受講生はどのように成長していくのでしょうか。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 大学の部 最終日

3月9日、学生生徒修養会 大学の部も無事に終えることができました。
閉会式では代表者が表統領先生より修了証をいただきました。
最後で受講生全員でよろづよ八首をつとめ、今後の成人を誓い合うとともに、おぢばでの再会を約束をして解散しました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 大学の部 6日目

本日は本部員 松村義司先生より講話を聞かせていただきました。
午後からは感話大会が行われ、各塾代表者が自信の体験や今感じていることを発表してくれました。
その後、仲間と過ごした1週間を振り返る時間となりました。
明日でいよいよ最終日。
学生達はきっとかけがえのない思い出を持って帰ってくれるでしょう。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 大学の部 5日目

今日は、奈良・大阪に分かれて、にをいがけをさせていただきました。
初参加の学生は神名流し、路傍講演を行い、複数回参加の学生は更に戸別訪問もさせていただきました。
寒空の中でしたが、学生達は勇んでにをいがけに励みました。
また、2回目以上の3・4回生が集まるみのり塾では、午後から「月次祭まなび」をつとめました。
スタッフも学生もおつとめ着に着替え、真剣につとめる姿は、これからの道を担っていくようぼくの姿そのもので、大変頼もしく見えました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 大学の部 4日目

学修のプログラムも半分を過ぎ、今日は約60名の学生が別席を運びました。
別席以外の学生は、回廊ひのきしん行い、また、みのり塾の学生は天理市内で戸別訪問、その他の学生は明日に控えたにをいがけに向けて準備を進めていきました。
明日のにをいがけに向けてしっかりと意識を高め、また、伝えたい気持ちを整理していきました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら

 

 

R181 学生生徒修養会 大学の部 3日目

学修3日目。
午前中、学生たちはそれぞれに興味を持った講義を受け、一線で活躍される道の先輩たちから、たくさんの刺激をもらいました。
その後、婦人会、青年会の時間がもたれ、男子はあらきとうりようの精神を、女子は女性としての徳分を学びました。
また、グループタイムでは、講義を受けて感じたことを共有し合い、将来や信仰について語り合い、今の自分としっかり向き合うことができました。

道友社 Facebook でも連動して学修の記事をアップしております。
どうぞそちらもご覧ください。
道友社Facebookはこちら